高い酵素と安い酵素の徹底的な違いとは?

沢山の酵素が販売されていますが値段はピンからキリまであり、1本で1万円以上するものも存在しています。

 

この値段の違いはどこにあるのでしょうか。

 

高い酵素は原材料にこだわっているものが多いと言われています。

 

酵素の元となっているのは植物やフルーツ、野草などを発酵させたエキスです。

 

201699

 

商品によっては100種類以上の野菜やフルーツが使用されているものもあり、原材料の数量が多ければそれだけ原材料費が高くなるので、必然的に商品の価格も高額になってしまいます。

 

また、熟成期間が長い酵素もその間の管理の手間がかかるため、比較的高額になります。

 

通常は1年程度ですが、長いものでは発酵期間が2~3年になるものもあります。

 

逆に安い酵素だと発酵期間が1年未満という短さのものもあります。

 

では安い酵素はなぜ安いのかと言えば、原材料の比率として一番多く配合されているのが加糖ブドウ糖液糖などの酵素の主成分である野菜やフルーツのエキスではないためです。

 

これは原材料の欄を見れば一目瞭然です。

 

原材料欄はその商品に入っている量の多い順に記載することになっていますが、高い酵素は「植物発酵液」「植物発酵エキス」が一番最初に記載されているのに対し、安い酵素は「加糖ブドウ糖液糖」が一番最初に記載されているものがほとんどです。

 

そのため、安い酵素には野菜やフルーツのエキスは少なく甘味の元となるブドウ糖などが多いので、酵素というよりも酵素入りのジュースと言った方が良いような商品も存在しています。

 

ただ、とても安く手に入る酵素の中でも成分も評判も良いものもあり、それは新谷酵素で代表される類のものです。

 

製品もピンきりですから、よく選んで使うようにしましょう。

movie-main

バイバイ!スリッパとルンバ!ロボット掃除機ブラーバとは?

206725ea39f32c0b4423d1fea5235226_s

水素水口コミ・効果のアンケート結果「体が軽くなる感覚が少しありました」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です